つばさの二日目 -2

二日目の続きです。
個別指導を受けているこども達をスタッフも見学させてもらいました。誰かに見られていても平気な雰囲気でこども達は一人一人真剣です。でもピリピリした空気はいっさいなくてどこか楽しそう。
見学させてもらった大人達は皆後で「自分も中学生の時にこんな風に勉強を教えてもらいたかった」と同じような感想を述べました。
適度な緊張感を何時間も持続させるのはとても難しいことなのにどうしてそれが出来ているのか??。つばさの学舎は魔法がかけられているようでした。

最高に頑張る二日目の勉強が終了。
就寝前の自由時間は急遽お楽しみ会に変更し、スコーレユウの先生達が考えてくれた『腕相撲大会』で大いに楽しみました。
トーナメント方式で闘って King とQueen の座を仕留める訳ですが、優勝者にはフランスから見学に来られたアンベール夫妻のお土産=金色に輝くフランス製お菓子の詰め合わせ化粧缶が贈られることになり、司会からお菓子の缶が紹介されるとノリのいい中学生たちは「おー!!」と盛り上がってくれました(笑)。
08WR6127o 08WR6137o
08WR6159o CIMG9801o
「腕相撲大会」は特に何の飾り気もなく、リングになるいわば座布団ひとつの世界なのですが、これが結構みんな燃えました。
6名の女子たちも全員奮闘してなんと一番小柄できゃしゃに見えるMさんがQueen になり、見かけでは判らないパワーの持ち主であることが判明しました。

男子18名は接戦につぐ接戦を展開し、体格の良いS君とシャープな身のこなしのK君の優勝決定戦となりました。しかしなかなか勝負は決まらず水入りに・・。明日鉛筆が持てなくなっては困るので左手で勝負を再開し、S君が優勝しました。

しかしそれで終わりになるような腕相撲大会ではありません。大人の代表として矢作先生が登場。そう易々とフランスのお菓子は渡さないぞ!とばかりにマジな試合をし、矢作先生が勝ちました。
そしていよいよ名人登場です。塾内で誰よりも強い朝日先生が矢作先生との一騎打ちに応じ本気で勝負。結果は朝日先生の優勝でした。
08WR6170o 08WR6178o
08WR6180o,jpg 08WR6188o
腕相撲大会で最高に盛り上がった最後は、またまた朝日先生による「合気道」の護身術プチ講習会。また全員で参加してほんのつかの間でしたが、合気道の雰囲気も体験できました。

講師の先生達はビッチリ学習指導をしてくださるだけでなく、大人とこどもが入り混ざったような中学3年生の心身を上手にリラックスさせるテクニックをいくつも持っていて、それには脱帽です。
この合宿の中で様々な「保養プログラム」に生かせるヒントが満載だという事がよく判りました。
08WR6198o,jpg CIMG9814o