つばさの一日目

つばさの合宿がいよいよスタート。
郡山駅前で半分、福島駅前で残り半分のこども達が貸し切りバスに乗り込み、いざ山形市へ出発です。車内は久しぶりの再会を喜ぶ声にあふれました。
合宿会場となる「協同の杜」JA研修所は山形市内の中心部にある施設ですが、今年の春までは福島県から避難して来られた乳幼児や妊婦さん達の避難所として受け入れ活動もしていました。
到着後、山形県危機管理課復興支援室の田澤さんが福島県の中学生達に会いに来てくださり、温かな励ましをいただきました。

中学生たちはのんびりする間もなく、勉強合宿に突入です。
CIMG9708o CIMG9735o
最初はそれぞれの実力チェックのためのテスト。
そしてオリエンテーション。学習指導の先生から三日間しっかり頑張るようにと気合いが入り、みんなもだんだんやる気のある顔に変化してきました。
夜、こども達自主運営の「クリスマス会」がありつかの間のお楽しみ。
その後21:30~23:00までしっかり個別指導の時間を過ごし、一日目は順調に終わりました。
CIMG9731o 08WR5871o,jpg
08WR5875o 08WR5879o